FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年1月15日

2018/01/15 23:32
こんな風に文章を書くのもお久しぶりです。
年末色々掃除をしてたら、全然片付かなくて
今、しなびたノートを開いたみたいな気持ちでこれを書いています。

最後に書いたのが2015年。すっかり未来にやってきてしまった。

三年前の自分よ。すっかり環境は変わったが、
メンバーとは新年会を済ませて、今年は何やろうかねぇ!
と話してきたぞ。その点は何も変わらない。未来なのに。

自分を囲む音楽の環境だとか
趣味とか思考とかいろんなものが重なって
結果、楽に楽に楽に、楽な方向に逃げてる結果。
今の心境なんだと思う。
当時の自分はよくわからん思考の塊だったし。

まぁそんな風になったのもしょうがないとも思うし、
もう少し寝かせておいて、そんな事を思い出して
お酒でも飲めれば、いいかなぁ。

音楽という物自体、すっかり環境は変わってしまった。
変わったのは環境でもあり自分でもあるのだけど、
やりたいことは変わらない。
スタジオに入ってあーでもないこーでもない。

昔は日取りを合わせてレコーディングだなんだら、お金がかかって
いっつも物運んで大変だった。
今はyoutubeがある、パソコンでDTMがある。
時間がない!暇がない!なんて言ってられないねぇ。

何かを始めるのに遅いなんてことはなくて、
仮に80歳の爺さんが、
「最近聞いた音楽でかっこいいのがあってね。弾いてみたいんだ。エレキギターで」
なんて言い出したらかっこよくて惚れてしまうねぇ。
僕も誰も彼もが、考えてないでまず動いてみたら世の中どんなに楽しいだろうか。

仕事帰りの電車で昔のライブ音源を聞いていて
あーでもないこーでもない考えているうちに、降りる駅に着く。
未来でもまだまだ音楽は面白い。
環境は変わってもそれはどーも変わらんらしい。

HPというものやブログのあり方も変わるんだろうが、
色々模索中。

ではまた!
スポンサーサイト

10月21日

2015/10/21 23:27
この前の日曜日、二ヶ月ぶり位にスタジオに入りました。
ちょぼちょぼつくっていた新曲が七割程完成しました。

最近の音楽というものに全然ふれておらず、
仕事の忙しさからフェスの熱気に包まれる事もせず、
好きなようにCDを聴き、
毎日少しでも楽器に触り、
楽しく過ごしております。

バンドやってるんだから、こんなんでいいのだろうか。
そう思った時期もありました。
今もそんな風に思う事もあります。
仕事なんてしてないで、一生懸命楽器に向き合って。
ライブやって、いろんなとこいって。

ただ、僕は今の生活は嫌いじゃない。
何かをやろうとして一生懸命もがいていたあの時よりも、
バンドが楽しいなぁとスタジオに入る度に思うようになりました。
まぁそれもあの時の沢山の失敗があったからなのでしょう。

では、また。
なんか書きます。

6月が通り過ぎた。

2015/07/02 23:34
夏です。まだ梅雨ですが。
最近、みんな忙しくて慌ただしくなっております。
バンドがと言うわけでなく、各々。

スタジオに入るのも、難しい。

ぼんやりと自分たちの昔の音源を聴きながら
顔から火を噴き出すような想いを胸に抱き、
いや、なんと言うか。
上手に弾けるようになろう。と、ぼやいたりしています。

なんというか、昔のようにギラギラしたものではなく。
不思議な感じです。

ではまた。

1日5分

2015/05/19 20:39
働く人が賃金アップを求める、
それをまるまる鵜呑みにすると
面白いことが起こるらしい。

どこぞの飲食店の賃金をあげると
結果その人達は職を失う事になるそうだ。

どうしてそうなるかというと
まぁ、売り上げが上がってるわけではないのに出て行くお金を増やせば会社はやっていけないよね。赤字だよねということらしい。

成る程、少し考えれば誰にでもわかる簡単な事だ。

働いている以上お金は欲しい、自分はこれぐらいもらえる!という主張が正しい事もまぁたくさんあるけれど、
意外とバランスをとるのって難しい。

お金が欲しいなら成果を出せってことね。
納得。
しかし、なんというか

飲食店において100円でこれが食えるって言うのは、深く考えてみるとそれで利益が出ているのであって、もしそれの原価が10円とかだとしたら、それは一体どんな肉を使っているのであろうか…果たして肉なのだろうか…

現代の人々は昔の人より丈夫だと思う。
だって何が何だか分からんものをよく口にしているからだ。

支離滅裂ですが、ではまた。

来たことのない

2015/05/18 00:19
来た事の無いような国道。
そこを夕方、自転車で走り抜ける。
といってもちんたらまんたら走っておるだけで、昨今の自転車ブームに乗れるようなスッテッキーなものではない。

しかしまぁ、よく潰れている。ファミレス。
僕はファミレスが大好きだ。
入るのが好きというか、あの場所には色んな物が詰まっている。
およそ殺していいだろうと思われる程の迷惑っぷりだったろう、ポテトフライで…あんなに楽しそうにしてるやつ…見た事ねぇよ…とか厨房で言われてそうだ。
別に食べ物を粗末にはしなかったが、誰の家よりも広く馬鹿みたいに笑いあった場所である。
また家族で車で入ってメニューを開いてアホなほどに何を食うか悩んだり、クリームソーダ頼んだり、何だかそれがとても美化されている。

あの空間は、幸せな空間だ。
家族が食卓を囲んで他愛のない話をして、皆が好きなものを食う。
家で食べることが振り返れば幸せだったんだが、あのファミレスの特別感も悪くない。

そう、思い出は綺麗なのだが
国道にある潰れてしまったファミレスを見るとなんだか胸が苦しい。なんだか知らんがあんまり見たくない。
僕はその道を足早に去った、とはいえ、国道にはそんな空っぽな建物はたくさんあるのだ。
実に心苦しい。何故潰れてしまうのか、まぁ競争だからしょうがないけども。接客なのかな。自分が子供の頃は接客なんて何も見てなかったけど…

とかく、ファミレス行きたい。

では、また。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。